技術要素 - 9.データベース - 1.データベース方式

  1. データベース
    a. データベースの種類と特徴
    代表的なデータベースの種類,データの表現構造,レコード間の関連付けの方法など種類ごとの代表的な特徴を理解する。
    【用語例】
    関係データベース,構造型データベース,HDB ( Hierarchical Database :階層型データベース),NDB ( Network Database 網型データベース), OODB ( Object Oriented Database :オブジェクト指向データベース),ハイパテキストデータベース,マルチメディアデータベース,XMLデータベース

    b. データベースのモデル
    データベースでは,システムの利用者やプログラムから見たデータの定義,論理的なデータ構造,物理的なデータ構造の3層を区別することでデータの独立性を高めていること,データモデルの種類,3層スキーマの考え方を理解する。
    【用語例】
    概念データモデル,論理データモデル(外部モデル),関係モデル,階層モデル,ネットワークモデル,物理データモデル(内部モデル),概念スキーマ,外部スキーマ(副スキーマ),内部スキーマ(記憶スキーマ)

    c. 関係データモデル
    関係データモデルにおいて,データがどのように表されるのか,表の構成,考え方,複数の表の関係付けを理解する。
    【用語例】
    関係(リレーション),タプル(行,組),属性(列,フィールド),実現値,定義域(ドメイン)
  2. データベース管理システム
    DBMSは,対象とするデータモデルに沿って,データを構造的に蓄積し,それらの一貫性を保ち,効率的に取り出すための機能を備えることを理解する。
    【用語例】
    データベース定義機能,データベース操作機能,データベース制御機能,保全機能,データ機密保護,排他制御,障害回復,データセキュリティ


   

www.it-shikaku.jp