コンピュータシステム - 5.ソフトウェア - 2.ミドルウェア - 1.ミドルウェアの役割と機能

Last Update : September 18 2014 21:03:17

     

a. ミドルウェアの役割

ミドルウェアとは、一般的にソフトウェアと呼ばれるプログラム群の中の、OS とアプリケーションプログラムの間の中間的な処理・動作を行うソフトウェアのことである。
様々なアプリケーションに対して特定の機能を提供するソフトウェアをミドルウェアという。OS よりは上のレイヤに位置付けられ、一般にはそれ単独で利用されることはない。
また、ミドルウェアにはOSやハードウェアによる違いを吸収し、様々なプラットフォームで動作するアプリケーションソフトの開発を容易にするというメリットがある。
Web サーバ、アプリケーションサーバ、データベース管理サーバなどは典型的なミドルウェアである。


b. ミドルウェアの種類と機能

データベース管理システム(DBMS)
共有データとしてのデータベースを管理し、データに対するアクセス要求に応えるソフトウェア。データの形式や利用手順を標準化し、特定のアプリケーションソフトから独立させることができる。また、データの管理を専門のソフトウェアに任せることは、アプリケーションソフトの生産性や性能、資源の利用効率の向上につながる。

TP ( Transaction Processing :トランザクション処理)モニタ
トランザクション処理の監視と制御を行うソフトウェア。プログラマの指示した複数の処理をまとめて、「トランザクション」という一つの処理単位として監視し、「すべて成功」か「すべて失敗」のいずれかであることを保証する

通信管理システム
ネットワークの状態を監視するためのミドルウェア

運用管理ツール
コンピュータの稼働状況や負荷状況を監視したり、障害時のアラートを報告する機能などを有したミドルウェア。また、ネットワーク上の多数のコンピュータを一元的に管理する機能をもつものもある。

応用プログラム間連携ソフトウェア
同一マシンまたは異なるマシン上に分散して存在するオブジェクト(プログラム部品)間で、データや処理要求などのメッセージをやりとりする際に用いられるミドルウェアである。代表的なものとしてORBがある。

ソフトウェア開発支援ツール
ソフトウェア開発におけるさまざまな機能を提供するミドルウェア


  [ 例題 ] 
  1. 平成10年度秋期 問43  ソフトウェア
  2. 平成13年度秋期 問45  ミドルウェア


     

www.it-shikaku.jp