基礎理論 - 2.アルゴリズムとプログラミング - 4.プログラム言語 - 5.アセンブラ言語 (CASLII) の知識と技術

Last Update : April 12 2018 09:41:05

     

a. アセンブラ言語とは

機械語の命令部や番地部を、記号(表意コード,ニーモニックコード)で表現したプログラム言語の総称のことをいいます。
機械語は、人間にとってまったく意味のない2進数(入力する時は16進数)ですが、それがアセンブラ言語だと”ADD”や”SUB”等、なんとなく意味が通じる命令になります。

アセンブラ言語は、基本的には機械語と1対1で対応します。つまり、コンピュータのCPUに対する命令(これが機械語)1つと、アセンブラ言語の命令1つが対応するため、CPUが異なればアセンブラ言語(の命令や文法)も変わってしまうのです。
だから、あるCPU用のアセンブラ言語で記述したプログラムは、別のCPUのコンピュータでは使い物になりません。


b.


     

www.it-shikaku.jp